ご挨拶

全農畜産サービス株式会社は、平成3年7月1日にJA全農グループの畜産施設・資材事業部門を担う専門会社として事業を開始しました。
その後、幾度かの事業移管を経て、現在では種豚やその他素畜・資材を中心に取扱う会社に発展してまいりました。
私たちの使命は、畜産生産者の所得増大への貢献です。このため、全農開発のハイコープSPF種豚や生産性向上に資する優良資材など信頼される確かな商品の生産・販売に取り組んでいます。

世界的な飼料・資材の高騰、毎年のように起る自然災害、また、諸外国との新たな貿易協定締結など不透明な事業環境の中、国内の畜産生産者は、生産性の向上やコスト削減努力と安全安心で美味な国産畜産物の生産に向け日々努力されています。こうした中で、引き続き私たちは、自らが扱う商品に誇りを持ちつつ、知恵を出し、汗をかき、畜産生産者が将来にわたって持続可能な畜産経営を営むことに対して貢献してまいる所存です。

今後とも、より一層のご愛顧を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

全農畜産サービス株式会社
代表取締役社長 種田貴至