ENGLISH
Powered by google
JA全農グループ 全農畜産サービス株式会社
トップページ
畜産施設
畜産資材
海外事業
種豚
素ひな
会社概要
採用情報
お問い合わせ
個人情報保護方針
サイトマップ

海外事業


米国GENEX社乳牛・凍結精液

ジュリアライト
GENEX Cooperative, Inc.(英文)


GENEX社紹介
   
概要

GENEX社は北米における、遺伝的改良(特に中型の体型、長命連産)に優れたブランドとして注目されています。
GENEX社は従来から親組織である米国協同組合CRI社凍結精液の採精、品質検査及び製造から北米での販売までを行っていました。製造された凍結精液は、北米外ではCRI凍結精液として販売されていました。
今後は全世界で統一のブランド、GENEX(ジェネックス)として農家の収益向上、経営向上に貢献する牛凍結精液をお届けします。


特色 GENEXの乳牛種雄牛の特長は、コンパクトなサイズと長命性を持つ”コマーシャルブル”であることです。GENEX種雄牛の娘牛はショーカウというより、経済性を重視した形質のため経営の安定化に貢献することが期待されます。

ICCIndex   ICC(Ideal Commercial Cow)インデックスはGENEXが独自に開発した改良指標です。米国で主に使用されているTPIやLNMと比較し、より経済性・健康性の評価に重きを置いています。 酪農の収益の要素は5つに分けることができます。それは「健康性」、「繁殖性」、「分娩能力」、「生産効率」、「搾乳性」であり、ICCインデックスはこれら5つのそれぞれの指標に注目することにより、きめ細やかな遺伝的改良を行うことができます。
     
GenChoice   GENEXの性選別精液「Genchoice」を使用して母牛が受胎した場合、約90%の割合で雌牛が生まれます。雌牛の生産により比較的分娩が軽くなることから、未経産牛への使用がより効果的です。
     
GenChoice4M   GenChoice4MはGENEXの性選別精液「Genchoice」の2倍にあたる、約400万の精子が入った性選別精液です。NAABコードは新設の「601」を使用し、通常の性選別精液のコード「501」と区別しています。


 

販売・問い合わせ先
   
北海道
  一般社団法人 ジェネティクス北海道
  業務部 TEL:011-242-9645

都府県
 

一般社団法人 家畜改良事業団
  代表 TEL:03-5621-8911

  販売代理店
  全国農業協同組合連合会 ET研究所
  東日本分場 TEL:0299-37-6115




種雄牛紹介
   
米国では4月、8月、12月の年3回に種雄牛成績が発表されます。詳細は以下のブルブックをご覧ください。  
   

GENEX種雄牛速報北海道版

2018年8月 GENEXブルブック
(北海道版)

GENEX種雄牛速報都道府県版

2018年8月 GENEXブルブック
(都府県版)

 
北海道版ブルブックの冊子版において、以下の誤表記がありました。大変申し訳ございません。

P18 1HO13460 ハンドル 母の母の写真下

誤:ボーマツズ ニユーメロ ウーノ 5904 ET VG-88
正:クツキーカツター モム ハロー ET VG-88, EX-MS, DOM

当サイトPDFでは訂正しております。重ねてお詫び申し上げます。